今さらだが一段と身長が伸びて欲しかった

身は幼い頃から同世代の皆さんと比べて身長が小さめでした。小・中学生年は何かにつけて丈の順に並ばされた結果、大半前から3、4番目が定配置でした。

育ち期に入れば私も自然まで身長が現れるだろうと要求しつつ、小学年からミルクは欠かさず飲んでいました。ただし小学完了時点では相変わらず140センチで、丈の順は前の定配置のままでした。

中学生に入るという流石に思春期というだけあって身長が伸び始めました。中ゼロで8センチ、中二で7センチ、中三で5センチという伸び率はこれから低下したものの、中学生完了時折ようやく160センチ机までこぎ着けました。

高校生に入ると同じ低身長で悩んでいた双子の兄が、当時世間で流行していた高身長エキササイズプログラムを購入し、私も兄と共にフォトを観ながら実践していました。それと並行してミルクも飲んでいました。

その結果、高ゼロではかりに4センチ伸びましたが、件を通じて伸び率が低下していました。身は一抹の惑いを抱えながらもエキササイズを実践し続けました。そうして次の高二では身長のアップが約1センチ位といった滅多に止まってしまったのです。

只、身は165センチ、兄は170センチで現時点に至り、私達の低身長は遺伝系統に運付けられていたという今では全く無我だ。ただ、身よりも丈の高い女性に遭遇したときの、あの何とも言えない無力発想は、いつになっても不愉快ものです。詳細はこちらのページ

何となく気がつくとシミだらけ…かなり安泰じゃなかった…!

若い頃はしみそばかすなんて、ポイント黒の自分にはかんけーないと思ってたのになあ?。はからずも気がつくと表情中しみだらけですよ。

奥さんがしみだらけだから迫るんだろうなあ。表情は男子似なのに肌質は女性だったんだ…女性彩り白いのに…。何故悪いところだけ似るんだろう…。

とことん美容媒体とかで、将来の自分の皮膚体制を知るには、奥さんを見て今から心がけというけって書いてあるけど、本当だったのね。

いよいよ鈍いけど。彩り黒が引け目だったから中学からSPF50の日焼け止めつけてたんだけど、ビューティー白はしてなかったの。ビューティー白しとけばよかったよ?!

だってビューティー白ものって良いじゃない、メーク水も美容液も。それでも美肌には変えられないなあ。できてからじゃあつけても簡単には消えないし、阻止がライフですねえ。

20代の末日、苦しむの多いシーズンがあって、メンタルも体調もクタクタだった。その時にちらっと気付いたらおーきなしみが3つもできてたのよねーのヤキモキでビタミンCが減ってたのかなあ。

心に窮屈から鏡も見なくてしみに気づかずに放置してたからよく冷静してしまった…。さらに早くに処置してたら消えたかもしれないのに。一段と胃弱だからビタミンC飲むと調子ひどくなんのよね…。

いいえ、胃悪賢いからCが吸収できなくてしみができるの?どうしてなんだろ…。得た諺は、心に窮屈ときもバッチリ鏡を見ようってことだな?。やっぱりみんな美白になりたい。今売れているクリームがこれ。